FC2ブログ

青の車体に魅せられて

4分の停車時間には浪漫がありました

新しい旅の幕開け!欧風客車サロンエクスプレス東京②

 ★スケールモデルを斬る

 前回、編成全体としての統一感という話をしました。14系はBトレとして発売していますが、あえて斬っていきます。
 製品が出ている以上、限りなくそれと同じ窓配置にしなければおかしいです。
 それから6㎝に収めることも忘れてはなりません。

 
 ●中間車のショーティー化
  InkedIMG_20190718_190815_LI.jpg
 こちらが斬って接着した状態のボディを、製品やスケールモデルと比較した写真になります。
 一見シンプルに見える14系も、斬るとなると厄介なものでした。全部で4ピースの構成です。
 Bトレは設計の段階でバランスよく6㎝に収めるため、客窓の支柱を縮めていました。
 これを同じように再現しようとすれば、とんでもない労力となります。
 この部分をBトレと合わせることは諦め、代わりに余裕のあるトイレ・洗面台付近を短くしました。
 こうしてみると、扉が斬ったもののほうが若干外側にあるのが分かります。
 切断位置の都合で消えてしまったステップはプラ棒を接着し、蘇生し直しています。

 また、サロンエクスプレスを作るにあたって再現したかった部分があります。それが小さい客窓が2個連なったところです。
 後年のゆとりは片方が埋められていたため、両車の大きな違いとなります。それから、原型の14系でこのような窓は無く、改造時に生まれた特徴であるとなれば、なんとしてもやりたかったのです。
 なお、元の客窓よりも小さい客窓2個の横幅が若干長いため、元デッキの部分に食い込んでしまっています。が、これは無視できる範囲でしょう。
 これで前回の②で書いた項目もクリアです。

 ●展望車のショーティー化
 IMG_20190718_190342.jpg
  2ピースでも6㎝になりますが、あえて3ピースとしています。理由としまして、
 
 ・スロフならではのエンジンルーバーを再現するため
 ・7号車はカウンターがあるため、窓が大きく埋められている部分がある

 Bトレのスハフはエンジンルーバーが再現されています。ここも仕様を合わせたかったのです。

 ★ディティールアップをする
 毎度お馴染み、精密化に移ります。
 
 中間車メニュー
 ・貫通扉交換
 ・手すり交換
 ・幌吊具・幌枠・ステップの取り付け
 ・サボ受けの取り付け
 
 IMG_20190727_113432.jpg
 (写真が見苦しくて申し訳ないです)

 製品の貫通扉は、プラ製の幌を取り付けて初めて成り立つような造りになっています。
 今回はプラ製の幌は使わないことから、元の扉をぶち抜いてエッチングパーツに交換します。
 写真では扉のぶち抜きが終わり、手すり等のモールドの削除が終わったところです。
 ちなみに、手すりの穴の位置決めは、モールドを彫刻刀で大雑把に削る→穴開け→モールドを完全に削除する。というポピュラーなやり方をとっています。

 IMG_20191206_021240.jpg
 貫通扉はトレジャータウンの国電用を使用しましたが、若干窓の幅が広いため、イメージと少し異なってしまうのが残念です。
 客車用のズバリなものを出してくれると嬉しいのですが…。
 なお、このときに2号車と3号車のトイレ側の扉は嵌め込みません。種車に扉が設置されてなかったからです。
 実車の写真がないので確かなことは言えませんが、増設されたとは考えにくいでしょう。
 幌枠は北斗星用のものを、吊り具やステップはキハ183のものを使用しています。同様にトレジャータウンです。
 手摺は1.2ミリ幅です。
 加工は殆んどが妻板でした。サボ受けは削ってしまったのを組成するために貼り直しています。

 展望車メニュー
 ・貫通扉設置
 ・幌枠の取り付け
 ・サボ受けの取り付け
 ・エアホースのコック取り付け
 ・ワイパーの取り付け
 ・ジャンパ台座の製作
 
 IMG_20190818_115102.jpg
 こちらが製品の展望車、車掌室側です。なんとびっくり、扉が無いじゃないですか笑
 中間車同様、プラ製の幌を取り付けることを前提としたためか、掘りすらないのが逆に清々しいですね。
 一応、愛称幕らしきモールドはありますが…それにしてもひどいです。これはかっこよくしてあげたいです。

 IMG_20190818_155640.jpg
 ということで、北斗星用の扉を取り付けます。元々オハネフ25用ですが、設計は殆んど一緒のように見えたので流用しました。
 曲線状にくりぬく必要があったため、ピンバイスを使って大まかに穴を開けた後、丸棒のやすりと紙やすりを使って現物合わせで調整しました。

 IMG_20191212_123134.jpg
 ジャンパ栓の取り付けです。スロフ(スハフ)は、後退した面であるため、ジャンパ栓に台座が取り付けられています。
 台座の表現にはプラ角棒を使用します。
 初めから切り出すのではなく、先にジャンパ栓が入るようにピンバイスで穴を開けます。
 それが入るのを確認したら、適切な大きさに切り出します。問題がないようでしたら、ジャンパ栓と台座を先に固定します。
 乾燥させた後、ボディと台座を固定させるという流れになります。
 ジャンパ栓はKATOのASSYを使用しています。

 エアホースのコックやワイパーは塗装後に取り付けます。

 こうしてボディが完成しました。
 次は屋根と床下のお話です。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/15(土) 00:41:57|
  2. Bトレ・国鉄/JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい旅の幕開け!欧風客車サロンエクスプレス東京①

 ●ブルーリボン賞も受賞した、国鉄が誇る新しい形の列車
 
 皆さま、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
 
 去年のまとめの記事でも書きましたが、肝心のBトレは6月に完成をしたEF63のみという状態でした。
 そんな中、例年通り忘年会をやることになりまして、それじゃあ一本仕上げましょうかということで、ようやく重い腰が上がったわけです。結局完成できませんでしたけど(笑)
 
 今回はサロンエクスプレス東京を作ります。
 ジョイフルトレインなんて言葉がありますが、それの始祖的な車輌になります。当時は欧風客車と呼んでいました。
 国鉄末期、若い人達をターゲットに、新しい顧客を取り入れるのを目的に作られました。全個室(コンパートメント)、展望ラウンジ等を設けています。14系座席車からの改造ではありましたが、その見た目、車内は文字通りゴージャスでありました。
 1996年に引退となります。全個室なのが幸いし、稼働率が下がったのが要因なようです。
 翌年、車体カラーはそのままに、車内を畳敷としたお座敷「ゆとり」に改造されて再デビューを果たし、2009年まで活躍しました。

 IMG_20181008_0001.jpg
 撮影:父
 
 展示会の時の写真でしょうか。5両編成ですね。私は専ら「ゆとり」世代(笑)ではありますが、名前の響きや見た目に関しましてサロンエクスプレス派なのであります。
 個人的にはヘッドマークが好みだったりします。文字だけでシンプルなんですが、そのフォントが少し洒落ていて。
 後に交換されていて、何パターンかあったことを知ったのは、実は作り始めてからだったりするのですが(汗)

 こんなカッコいい車両ではりますが、当然Bトレでは製品化されませんでした。手にするには改造が必須でございます。

 ●改造のポイント

 ポイントは2つあります。
 
 ①列車全体の統一感

 Bトレを斬る方なら分かると思いますが、スケールモデルとBトレでは雰囲気が異なるため、編成に何両か混ぜると浮いてしまうことがあります。
 それを解消するために、例えば屋根のみBトレのものを使い、上から見たときの印象を統一させるという技法があります。
 今回製作するサロンエクスプレス東京の場合ですと、種車の14系は製品が出ています。
 この技法を採用する場合、大きな改造が施されている展望車をスケールから短縮し、中間車を製品から改造すればOKです。
 ですが、Bトレの屋根を短縮した展望車と組み合わせるのが難しそうです。
 更に言うと、斬った車輌とBトレでは窓の処理や断面が違いますので、目線を落として見た時に気になってしまいそうです。
 悩んだ末に全てをスケールから斬ることのほうが楽という結論に至りました。丁度KATOのフルセットが安く手に入ったのもあります。
 
 ②サロンエクスプレス東京ならではの個性
 
 Bトレにするにあたって、特徴を盛り込んでいきたいと思います。
 見た目が一緒に見えるゆとりとは、実は窓の有無に差があります。
 ゆとりを将来作りたいので(笑)それの差異を再現するためにも、個性を出していきます。
 また、展望車には大きな窓が有り、車内がよく見えます。この部分も折角ですから作り込んで行きたいですね。

 長々と話をしてしまいましたが、次回からはいよいよ製作に入っていきます。

 
 
 


 
  1. 2020/01/18(土) 02:57:07|
  2. Bトレ・国鉄/JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご案内

 ぐんまぁ_190308_0076
 @パーミルにて

 ●ご挨拶
  皆様こんにちは。バンダイが商品展開をしているBトレインショーティーを題材に加工内容等を綴るブログです。
  更新頻度はあまり高くないとは思いますが、実車の面白さを伝えていくことができればと思います。
  今後も管理人共々、宜しくお願いします。

 ●閲覧者の皆様へのお願い
  私のモットーはなるべく実車に近づけることですが、案外適当な部分も多かったりします。
  加工をサボッている箇所など幾らでもありますので、その辺りは軽く流してくれると助かります。
  また、加工はあくまでも自己責任でお願いします。
  醜いものを皆様にお届けすることが多いとは思いますが、温かい目で見守っていただけるとありがたいです。
 
 ※当ブログで使用している画像と記事についての無断転載は禁止です。
  2019年3/11更新
  1. 2019/12/31(火) 23:59:59|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年という1年

 皆さまお久しぶりです。この文言で入るのも毎回のこととなってしまいました。
 気づくと1年はあっという間で、そのペースというのは歳を重ねるごとに早くなるのを感じています。
 
 今年は仕事と旅行、たまに飲み会と模型をする、そんなことをひたすら繰り返していたように思えます。
 実際、携帯の写真フォルダには食べ物と酒と観光名所、ちょこちょこ模型のような(笑)
 
 今回も簡単ではありますが、記録程度に書き綴りたいと思います。

 EF63 8&16号機 6月落成
 IMG_20191230_165430.jpg
 結局今年はロクサン2両のみの完成でした。
 Bトレでなんとしても形にしたかったロクサンを、ある程度のレベルまで持っていけたのが良かったです。もっとも、満足できるかと言われればそうではないわけですが。多分、永遠にこれで納得!という作品は作れないんだろうなぁと思っています。日々、精進ですね。
 手前は斬ってやすり掛け中のロクニです。去年3台作り上げましたので、その勢いで…となったもののこれ以上は進まず(汗)
 KATOが来年には下関を発売するそうなので、その購入をきっかけに再始動したいところです。
 友人からも1台譲って貰えることになったので、まだまだ作り続けていきますよ。

 本当は年末に合わせてネタを仕込んでいたのですが間に合いませんでした。
 記事のほうは書き始めましたので、年明けにでも公開します。

 おっきい模型
 IMG_20191230_165733.jpg
 順調に増えています。もちろん写っていないのもあります。
 買ってばかりなので、来年は何か弄りたいです(願望)

 
 【旅行のお話】
 
 P1350060.jpg
 ご当地入場券を集めに2回北海道に行きました。
 残念ながら全てを集めることはできませんでしたが、鹿部とか占冠とか絵柄的にも行き辛さ的にもきついようなところはGETできたので何よりです。
 夕張も初めて訪れました。こんな機会でも無ければ行かなかったかもしれませんね。

 今月から北の40入場券の発売が始まりましたね。
 2月に早速行ってきます。都合3回の旅行でコンプリートを目指そうと企んでおります。

 P1360623.jpg
 こちらは静岡、修善寺にある花月園で撮影したものです。
 かれこれ10年以上は気になっていた旅館でしたが、ようやく訪れることができました。
 (施設を含めて)古さは隠しきれませんが、大きなレイアウトでのびのびと心行くまで走らせられるのはやはりいいですね。
 旅館で走らせるシステムがHPに記載されておらず、大分困惑しておりましたが、まさか他の人がいる場合は譲り合って走らせる仕組みだとは…。

 P1360762.jpg
 Nスケールもいいですが、ここの魅力はHOでしょうね。
 長大編成を情景の中、のびのびと走らせられる場所も中々ないでしょう。
 今回は荷物の関係で189系6両のみ持参でしたが、それでもずっと眺めていられました。
 走らせるとジョイント音がしっかりするのがいいですね。
 次回訪れる時はHOメインかなぁ。

 P1370009.jpg
 ブルトレに会いに行きました。
 秋田県の小坂レールパークでは、引退した24系青森車に宿泊することができます。
 今回はシングルDXを選びました。現役を思い出して思わず泣きそうになってしまいました。

 P1370016.jpg
 オーディオ機器はさすがに使えませんでしたが、その他の照明や空調スイッチは生きていました。びっくりです。
 
 国鉄の制服を着たボランティアの車掌さんが時刻表に則り、その時間になったら放送をしてくれます。
 もちろんお休み放送やおはよう放送もあります。
 
 とにかく生きた24系、生きた車両に宿泊できるというのはとても貴重であり、ぜひとも皆に勧めたい場所でした。
 現役を知っている人なら尚のこと楽しめるのではないのかなぁと。
 
 ざっくりまとめるとこんな1年でした。
 アクティブに行動した半面、模型が2年連続で停滞気味なのがですね。来年はもう少し頑張ります。
 それから展示会を楽しみにしていた方、今年は開催できず申し訳ありませんでした。
 メンバーの都合もあり、お休みとなりました。来年はやりたいねーと話しておりますので、何か決まりましたら報告させていただきます。

 それでは1日早いですが、皆さまよいお年を。
 
  1. 2019/12/30(月) 18:11:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだロクサン、そしてロクサン~EF63の製作その④~

 皆さまこんにちは。すぐに記事を書く予定でしたが、公私共に忙しくなってしまい久々の投稿となります。
 4回に渡って書いてきたロクサンの製作記も今回で完結となります。

 ④スカート周りの加工
 ベースをどうするか迷いましたが、他の車両と連結する兼ね合いからカトーを使用することにしました。
 ボディ側をしっかり加工しましたので、スカートもひと手間加えることにします。

 19-05-07-20-59-11-054_deco.jpg
 製品のままが上、加工したものが下になります。
 丸で括弧った部分、これは双頭連結器の並連、密連を切り替えるコックです。
 カトー製品は部品共通化のために、〇次車として発売されているものの、スカートに関しては作り分けされていません。
 番号によって少しづつ位置が違うほか、形が異なるなど、結構面白い部分ですので再現してみました。
 加工にあたっては、トミックスの切り替えコックのモールドをカッターで薄くそぎ取り、瞬間接着剤で固定する方法を取りました。
 カトーとトミックスで、再現している番号が違うのは面白いですね。
 
 それからお気づきの方もいらっしゃると思いますが、エアホースも取り付けています。
 今回も銀河のロストワックスを使用しています。密自連用の長いものは、宮沢模型の加工パーツ集に入っていたものを使用しています。

 IMG_20190507_211809.jpg
 続いてジャンパ栓の枠です。左がトミックス、右がカトーです。
 同じ模型を再現しているはずなのに、大きさが大分異なりますね。
 個人的な感覚としては、これらの中間ぐらいが丁度良さそうなのですが…笑
 迷いましたが、加工のし易さやモールドの好みなどを取ってこちらはトミックスのものを使用することしました。

 IMG_20190602_150925.jpg
 こちらも加工していきます。2台のロクサンのうち、1台は使用しなくなったジャンパ栓を撤去していました。
 実車の写真と見比べながら、不要なモールドを削除しておきます。
 削除が終わりましたら、ジャンパケーブルを通すために、コックが開いたジャンパ栓を取り付けます。

 ●完成
 
 P1350618.jpg
 ロールアウトです。手前が16号機、奥が8号機になります。
 この写真ではカプラーが下を向いていてダサい上に、高さが足りなくて電車と連結できませんでした。
 現在はカプラーポケットを改修したため、全ての問題をクリアしています。
 
 P1350617.jpg
 16号機を正面から見てみます。
 不要なジャンパ栓を撤去したことから、気持ちスッキリとして見えます。
 信号炎管とワイパーは銀河モデル、ホイッスルはカトーを使っています。
 それぞれのパーツは使いやすさですとか、そういったことを考慮した上で選んでいます。
 ナンバーはロクニに続いてトレジャータウンの金属インレタです。実感的になるのでお勧めです。
 課題であった貫通扉下のステップも、トミックスの顔に挿げ替えたおかげでシャープな印象になりました。

 P1350619.jpg
 屋根上です。8号機と16号機で避雷器の位置が違うことから、配管の引き方も当然異なります。
 配管の色に関しては分からなかったため、黒にしてあります。トミックスのHOに合わせました。

 ●蘇るあの時、あの場所

 P1350678.jpg
 完成させた車両を早速走らせてきました。今回は落合にあるリカラーさんです。
 
 鉄橋を渡る115系とロクサン。
 実際の区間でこんな形の鉄橋は無かった?と思いますが、雰囲気は抜群です。
 ブロワ音が聞こえてきそうです。

 P1350685.jpg
 ロクニと三重連で峠を下ってきます。三重連の時は総括制御ができたそうですね。恥ずかしながら最近知りました。
 この光景も再現したかった姿なので満足です。

 P1350691.jpg
 イメージは丸山付近でしょうか。

 下り列車ではロクニとロクサンの位置が離れているため、無線でやり取りをしながら峠を登っていました。
 前方のロクニに乗務する機関士が信号の確認を、ノッチの指示は本務機であるロクサンの機関士がしていました。
 横川での制動試験時の掛け合いもかっこいいのですが、客車列車ですと車掌さんからの発車合図も当然あるわけなんですね。
 3名のプロが、無線を使って安全に列車を出発させ、軽井沢を目指すのです。

 車掌「〇〇列車発車ぁ!」
 ロクニ機関士「〇〇列車発車ぁ!」

 車掌からの出発合図を受けたロクニの機関士はそれをロクサンの機関士にも伝えます。
 当然復唱することから、都合3回の発車の歓呼が聞こえるわけです。

 峠に挑んだ列車たち。どんなに良い車両を作っても、それを操るのは人の手なのです。

 そんな現場の力も含めた、この碓氷峠という場所と、黙々と任務をこなしていたロクサンがやはり好きです。

 いまだロクサン、そしてロクサン。


 ☆☆☆☆
 
 製作にあたり参考にした文献
 ・ネコパブリッシング 鉄道車輌ガイドvol.11 EF63
 ・ネコパブリッシング Rail Magazine(2007年12月号)
 ・イカロス出版 電気機関車EX vol.05
 
  1. 2019/07/16(火) 12:30:05|
  2. Bトレ・私鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

はつはな

Author:はつはな
温泉旅行と美味しいもの食べながら生きてます。Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (1)
Bトレ雑記 (2)
Bトレ・国鉄/JR (16)
Bトレ・私鉄 (8)
Bトレ・北斗星 (11)
GRAND CHARIOT活動記録 (10)
運転会 (0)
雑記 (4)
旅行記 (0)

2014/2/3設置

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR