FC2ブログ

青の車体に魅せられて

4分の停車時間には浪漫がありました

ご案内

 ぐんまぁ_190308_0076
 @パーミルにて

 ●ご挨拶
  皆様こんにちは。バンダイが商品展開をしているBトレインショーティーを題材に加工内容等を綴るブログです。
  更新頻度はあまり高くないとは思いますが、実車の面白さを伝えていくことができればと思います。
  今後も管理人共々、宜しくお願いします。

 ●閲覧者の皆様へのお願い
  私のモットーはなるべく実車に近づけることですが、案外適当な部分も多かったりします。
  加工をサボッている箇所など幾らでもありますので、その辺りは軽く流してくれると助かります。
  また、加工はあくまでも自己責任でお願いします。
  醜いものを皆様にお届けすることが多いとは思いますが、温かい目で見守っていただけるとありがたいです。
 
 ※当ブログで使用している画像と記事についての無断転載は禁止です。
  2019年3/11更新
スポンサーサイト



  1. 2019/12/31(火) 23:59:59|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだロクサン、そしてロクサン~EF63の製作その④~

 皆さまこんにちは。すぐに記事を書く予定でしたが、公私共に忙しくなってしまい久々の投稿となります。
 4回に渡って書いてきたロクサンの製作記も今回で完結となります。

 ④スカート周りの加工
 ベースをどうするか迷いましたが、他の車両と連結する兼ね合いからカトーを使用することにしました。
 ボディ側をしっかり加工しましたので、スカートもひと手間加えることにします。

 19-05-07-20-59-11-054_deco.jpg
 製品のままが上、加工したものが下になります。
 丸で括弧った部分、これは双頭連結器の並連、密連を切り替えるコックです。
 カトー製品は部品共通化のために、〇次車として発売されているものの、スカートに関しては作り分けされていません。
 番号によって少しづつ位置が違うほか、形が異なるなど、結構面白い部分ですので再現してみました。
 加工にあたっては、トミックスの切り替えコックのモールドをカッターで薄くそぎ取り、瞬間接着剤で固定する方法を取りました。
 カトーとトミックスで、再現している番号が違うのは面白いですね。
 
 それからお気づきの方もいらっしゃると思いますが、エアホースも取り付けています。
 今回も銀河のロストワックスを使用しています。密自連用の長いものは、宮沢模型の加工パーツ集に入っていたものを使用しています。

 IMG_20190507_211809.jpg
 続いてジャンパ栓の枠です。左がトミックス、右がカトーです。
 同じ模型を再現しているはずなのに、大きさが大分異なりますね。
 個人的な感覚としては、これらの中間ぐらいが丁度良さそうなのですが…笑
 迷いましたが、加工のし易さやモールドの好みなどを取ってこちらはトミックスのものを使用することしました。

 IMG_20190602_150925.jpg
 こちらも加工していきます。2台のロクサンのうち、1台は使用しなくなったジャンパ栓を撤去していました。
 実車の写真と見比べながら、不要なモールドを削除しておきます。
 削除が終わりましたら、ジャンパケーブルを通すために、コックが開いたジャンパ栓を取り付けます。

 ●完成
 
 P1350618.jpg
 ロールアウトです。手前が16号機、奥が8号機になります。
 この写真ではカプラーが下を向いていてダサい上に、高さが足りなくて電車と連結できませんでした。
 現在はカプラーポケットを改修したため、全ての問題をクリアしています。
 
 P1350617.jpg
 16号機を正面から見てみます。
 不要なジャンパ栓を撤去したことから、気持ちスッキリとして見えます。
 信号炎管とワイパーは銀河モデル、ホイッスルはカトーを使っています。
 それぞれのパーツは使いやすさですとか、そういったことを考慮した上で選んでいます。
 ナンバーはロクニに続いてトレジャータウンの金属インレタです。実感的になるのでお勧めです。
 課題であった貫通扉下のステップも、トミックスの顔に挿げ替えたおかげでシャープな印象になりました。

 P1350619.jpg
 屋根上です。8号機と16号機で避雷器の位置が違うことから、配管の引き方も当然異なります。
 配管の色に関しては分からなかったため、黒にしてあります。トミックスのHOに合わせました。

 ●蘇るあの時、あの場所

 P1350678.jpg
 完成させた車両を早速走らせてきました。今回は落合にあるリカラーさんです。
 
 鉄橋を渡る115系とロクサン。
 実際の区間でこんな形の鉄橋は無かった?と思いますが、雰囲気は抜群です。
 ブロワ音が聞こえてきそうです。

 P1350685.jpg
 ロクニと三重連で峠を下ってきます。三重連の時は総括制御ができたそうですね。恥ずかしながら最近知りました。
 この光景も再現したかった姿なので満足です。

 P1350691.jpg
 イメージは丸山付近でしょうか。

 下り列車ではロクニとロクサンの位置が離れているため、無線でやり取りをしながら峠を登っていました。
 前方のロクニに乗務する機関士が信号の確認を、ノッチの指示は本務機であるロクサンの機関士がしていました。
 横川での制動試験時の掛け合いもかっこいいのですが、客車列車ですと車掌さんからの発車合図も当然あるわけなんですね。
 3名のプロが、無線を使って安全に列車を出発させ、軽井沢を目指すのです。

 車掌「〇〇列車発車ぁ!」
 ロクニ機関士「〇〇列車発車ぁ!」

 車掌からの出発合図を受けたロクニの機関士はそれをロクサンの機関士にも伝えます。
 当然復唱することから、都合3回の発車の歓呼が聞こえるわけです。

 峠に挑んだ列車たち。どんなに良い車両を作っても、それを操るのは人の手なのです。

 そんな現場の力も含めた、この碓氷峠という場所と、黙々と任務をこなしていたロクサンがやはり好きです。

 いまだロクサン、そしてロクサン。


 ☆☆☆☆
 
 製作にあたり参考にした文献
 ・ネコパブリッシング 鉄道車輌ガイドvol.11 EF63
 ・ネコパブリッシング Rail Magazine(2007年12月号)
 ・イカロス出版 電気機関車EX vol.05
 
  1. 2019/07/16(火) 12:30:05|
  2. Bトレ・私鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだロクサン、そしてロクサン~EF63の製作その③~

 ●今も生きるロクサン
 5年ほど前、横川の碓氷峠文化村に行った時のことです。
 運転体験線のところにいつも通りロクサンがいるのですが、ちょっといつもと違うのです。いや、違うというのはおかしいですね。
 むしろ当たり前の姿を私の前に見せてくれたのです。
 
 それはロクサンが重連でいたということです。

 P1230385.jpeg

 運転体験ができるロクサンはその機関士の習熟度によって単機での運転から連結作業、そして現役さながらの重連運転までできるのです。
 ただ、重連まで到達した人の数は多くなく、年に数回しか横川に足を運ぶことのない私にとってその姿を見ることができるのはかなり確率の低いことなのです。
 
 「生きた」重連を見るのは初めてでした。
 実際にパンタグラフを上げ、ノッチの試験をし、起動をするのです。
 ブロワ音は電圧の関係で現役の時よりは低めの音ではありますが、そこにロクサンが確かにいます。
 これには思わず感動してしまいました。映像や写真でしか見たことがなかった光景をようやく目に焼き付けることができました。

 それっきり、何度か足を運んだものの重連の姿は見ることができてません。
 それでも、生きたロクサンを今でも見ることができるのは幸せなことです。
 いつかは自分でそのハンドルを握ることを夢見て、現役に思いを馳せます…。

 
 さて、前回の続きです。少し間が空いてしまいました。
 屋根周りの立体化が終わったところから今回はお話していきます。

 ③水切りの作り分け
 ロクサンは製造時期が長期に渡ったこと、複数の会社で製造されたことから細かな違いがたくさん見受けられます。
 その中でも水切りの違いというのは特徴の一つでしょう。

 P1230456.jpeg
 前面から続いてきた窓上にある水切りは、乗務員室扉の後ろ、最後の処理に個性が出ます。
 ネコパブリッシング社が出しているEF63の本によると、全部で5種類に分けるれるそうです。
 直線的に途切れるもの、少し上に上がって終わる等…今回製作している2両についても違いが見られます。

 水切り問題、これは僕がロクサンを作る上での課題の一つでした。
 Nスケールとなると非常に線が細く、特徴的な曲げも必要になるため、素材選びには難航してきたのです。
 そして今回、その問題を無事に解決することができました。
 
 IMG_20190217_183434.jpeg
 水切りを「形作る」必要があることから、前回製作時と同様に真鍮帯材を使うことにしました。違うのはここからです。
 過去の作品では水切りを一つの素材に置き換えようとしたことで、前面と側面の部分を直角に曲げることが難しく、接着しても剥がれ落ちるデメリットがありました。それを解決すべく、あくまでも前面は素材(トミックスのモールド)を生かし、途中から真鍮帯材を繋ぎ合わせる手法にしました。
 こうすることで、接着面積の狭い真鍮帯材でも、平らな側面の部分のみの貼り付けとなり、余計な力が加わらず剥がれ落ちる心配も大分減ります。
 繋ぎ合わせた部分には黒い瞬間接着剤を盛り、あとは丁寧に削って整えるだけで大丈夫です。
 先にも述べましたが、真鍮であることから水切りを「形作る」ことができます。
 前面は素材のモールドを生かすことで後付け感も当然なくなり、自然な水切りを完成させることができました。
 これは他の機関車でも応用が効きそうです。

 IMG_20190322_133358.jpeg
 こちらが貼り付けた状態になります。
 2両で水切りの処理の仕方が違うのが分かるでしょうか?

 ●細かい所をリアルに
 
 IMG_20190331_061924.jpeg
 ここからは細かい部分のパーツ取り付けになります。
 テールライトは、一次型は銀河モデルを、二次型はトレジャータウンのものを使用しています。
 製造時期による違いはこういった部分でも出てくるんですね。
 
 IMG_20190331_061853.jpeg
 側面にある白い四角いものは協調無線機器の箱です。ロクサン登場時には無かったもので、1970年代に入ってから後付けされたものになります。
 この装置を取り付けた関係で、それまでそこにあった区名札の位置がさがったのも特徴ですね。
 ちなみにこの装置は2エンド側の写真の位置にしか取り付けられてません。間違ってもたくさん取り付けないように笑

 IMG_20190331_061956.jpeg
 屋上のパイピングした様子はこれで分かるでしょうか。
 下の車両が一次型で、避雷器からパンタグラフに向かって伸びる配管は、作業の都合上、塗装終了後に取り付けます。

 IMG_20190331_062637.jpeg
 最後は仮組した写真です。大分ロクサンらしい、凛々しい顔つきになってくれて満足です。
 次回はカプラーの加工をメインに、完成画像の記事まで書けたらと思います。
  1. 2019/06/13(木) 22:58:23|
  2. Bトレ・国鉄/JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだロクサン、そしてロクサン~EF63の製作その②~

 みなさまこんにちは。本当なら完成しているはずのロクサンでしたが、最後の調整に手間取っていて未だに完成できず。。
 今月中に記事がきちんと完結するか心配です(汗)

 ①前面の改修
 前回の続きからスタートです。お話した通り、トミックスの顔を移植します。
 ロクサンは2両1組で運用されていましたので、今回は2両まとめて製作します。そのために、トミックスの中古品をその数だけ用意しておきます。状態はそれほど気にしませんが、パンタグラフやステップ等のパーツの欠品が無ければ大丈夫です。

 IMG_20181128_113654.jpeg
 合計4個の顔を切り出しました。Bトレの前面を参考に斬って調整します。
 Bトレを普通に組み立てる要領で用意したボディにこの前面を取り付けます。とは言っても、そのままでは取り付けられませんのでABS接着剤で固定します。1日置いて乾燥させた後、隙間を埋めるように黒い瞬間接着剤を盛ります。やすりがけをし、平滑になればOKです。
 続いて手すりを取り付ける箇所に穴を開けます。元のモールドを彫刻刃で薄く削り取った後、それを参考に開けていきます。
 開け終わると、今度はそのモールドが完全に消えるように、やすりがけを再び行います。
 テールライトは金属に交換するためモールドごと削除してしまいます。また、金型の都合でC'アンテナ用の取り付け穴が空いてますので、これを埋めてしまいます。
 このように、トミックスのロクサンのロッドが違っても、同じような出来になるよう調整しますので問題ありません。
 
 ちなみにボディの組み立てには、製品の通りブロックを使っています。こうすることで、側面同士の平行がだせますし、何より頑丈にできます。ブロックはそのままだと動力を組み込む際に干渉してしまいますので、予め削っておきましょう。
 また、この時に動力をはめ込むためのツメを取り付けておくと、後々楽になります(この時取り付けたツメは外れてしまい、今になってヒィヒィ言ってますので、面倒なことはさっさと終わらせましょう)

 ②屋根周りの立体化
 
 IMG_20190322_133437.jpeg
 まずは前頭部と屋根の境目にある雨どいを取り付けます。前回の時に「各パーツをシャープにする」話をしたと思いますが、唯一それが叶わなかったのがこの部分になります。
 雨どいに見立てたプラ棒を取り付けるのですが、そんな細いプラ棒が存在しません。なので太くなってしまいました。
 これでも細くなるよう切り出してはいるのですが、オーバー表現なのは否めないですね(汗)
 ロクニも同じ工法で製作していますが、そろそろ変えたいですね。

 IMG_20190323_104939.jpeg
 次にパンタ台座を取り付けます。製品の台座はお貧弱なモールドで、とてもパンタを支えられそうにありませんでしたので(汗)
 形状は近いものがよく分からなかったので、手持ちの国電用(ボナ)を使用しています。
 そういえば書き忘れていましたが、Bトレ用のパンタ取り付け穴は塞ぎました。
 
 最後にパイピングをすれば屋根の大方の作業は終了となります。今回はロクサンの1次型と2次型を製作しますので、配管の回しが異なっています。製作時に注意しなければいけないポイントですね。

 本日はこの辺で失礼いたします。次回は水切り等のお話です。
  1. 2019/05/13(月) 20:57:48|
  2. Bトレ・国鉄/JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いまだロクサン、そしてロクサン~EF63の製作その①~

 ●あいさつ
 皆さまお久しぶりです。最後の更新から大分経ってしまいました。元号も令和となり、新しい時代の幕開けです。
 更新していない期間は肝心の模型はあまり進まず…一方で旅行で美味しいものを食べたり温泉に浸かったり、貴重な車両を観察したり(笑)
 多忙な日々ではありながらも充実した日々をおくっています。
 また、3月末にはGRAND CHARIOT新年会を開催し、ゲストを招いての非公開運転会を行いました。
 参加してくださった皆さま、ありがとうございます。私も模型製作に再びを火を付ける、有意義な時間を過ごすことができました。
 個人的に色々反省点がありますので、次回がある際には改善します。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 さて、本題ですが、表題の通りです。私自身、EF63は過去に二回製作しましたが、共に納得いかず…。
 どうにか自分の中で納得できるものを作るということをテーマに、半年以上前から製作をしてきました。
 ようやく完成が見えてきたことと、記事にするネタも溜まってまいりましたので、複数回に分けて更新していきます。
 
 ●ロクサンが持つ、不思議な魅力
 記事のタイトルである「いまだロクサン、そしてロクサン」は、Rail Magazine(2007年12月号)の特集記事の中でのフォトグラフから引用したものになります。これはロクサンに魅せられた撮影者の想いが込められたタイトルだと思うのですが、思わず唸ってしまう、そんな文章でした。当時はたかだが鉄道好きの学生である私に、そんな上から目線で言われる筋合いは到底ないと思うのですが(笑)、今でも脳裏に焼きついてるということは、それだけ響くもの、共感するものがあったんでしょう。
 横川と軽井沢に立ちはだかる、碓氷峠という難所。大量輸送の時代にあって、多くの旅客を運ぶために選ばれた粘着運転方式、補機としての役割。そこに登場したEF63ことロクサンは、その区間が廃止されるまで使命を全うしました。2両1組で運用され、どんな列車にも繋がれたロクサン。厳しいスカート周りとは裏腹に、貫通扉を正面に配置した凛々しい顔。側面には万が一のための蓄電池の蓋が目立ち、そして大型のルーバーから聞こえてくる独特のブロワ音(送風機。発熱した機械を冷やすためのもの)。ホイッスルと一緒に峠にこだまする…。脳裏にそんなロクサンを思い描くと、ロクサンがやはり私の中で一番の機関車であり、そしてそれは今後も変わらないんだと思います。こんなにも魅力的な機関車、他にあるでしょうか?それだけ私にとってのロクサンは憧れのような、そんな特別な機関車なのです。…と、さも見てきたかのように語ってしまいましたが、実は現役の姿を見ることは叶いませんでした。ですが、映像や写真、文章。それからでもヒシヒシと伝わってくる特別な何かがあるのです。

 IMG_20181228_144128.jpeg
 毎年、横川の文化村には足を運びますが、そこでロクサンが動いていた頃の空気というものを想像するのは楽しくも切なくもなります。
 ただ…欲を言うのであれば現役の時に足を運ぶのが間に合えば良かったと思います。こればかりは年齢という1つの壁がありましたので(汗)
 そんな私の中でのロクサンに対する想いは、現役を知らなかったからこその憧れ、そういう面から心を引きずられているのかもしれません。そしてその想いはいまだロクサン、そしてこれからも変わることのない愛すべき機関車、そしてロクサンなのです。

 ●ロクサンは顔が良い
 ロクサンに限らず機関車は顔が決め手になることが多いと思います。新性能電機に関しては殆どが箱形で同じような塗装でありながら、個々のパーツの違いから様々な表情を見せてくれます。そんな中、ロクサンの特徴の1つに前面窓が金属抑えという点があげられます。機械の発熱でHゴムが溶けないようにするための部品選択だったようですが、こんな機関車は中々無いでしょう(EF66も金属抑えですが、あれも同じ理由なのでしょうか?)
 常にギラギラとしてる姿は、さながらお召し機のような雰囲気をも感じます。
 模型として作る上で、やはりこの部分は再現したいのです。
 そして、顔の良さというのは実車のようなシャープさも重要になってきます。
 
 IMG_20190505_004533.jpeg
 こちらはBトレのロクサンです。各Nゲージメーカーと比べても、遜色ないくらい個人的には特徴を掴んでいると思っています。とはいえ、Bトレの金型の限界というものを感じざる終えない部分は多いです。
 例えば下のほうにあるステップは分厚すぎます。確かに実車も目立つ部分ではあり、貫通扉の張り出したステップなんかはチャームポイントかとは思いますが、これでは重苦しく感じます。
 そして何よりC'アンテナが前面本体と一体というのは…(笑)
 Bトレ本来のコンセプトである組み立て簡単ミニモデルというのを考えると、致し方がないのは分かるのですが、ファンからすれば、せめて別パーツにできなかったのかなぁとは思ってしまいます。
 
 P1230896.jpeg
 これは6年ほど前に私が加工したロクサンです。顔の良い部分としてあげた前面の金属抑えに色が上手く載せきれていません。当時の技術が拙いこともありますが、ガラスを含めて一体整形であるBトレのパーツにおいて、ここを塗装するのは至難の技です。
 手すりのエッチング化はしたものの、やはり他のパーツが分厚いため、なんとも大味な雰囲気になっています。
 今回の加工ではそういった部分をなるべくシャープにしていきたいですね。
 なお今後の記事で出てきますが、例外的にシャープにできなかった加工箇所があります。それはその時にお話しようと思います。

 さて、大分つらつらと書いてしまいしたが、ここから本題の加工記事に入って行こうと思います。
 ここまでの内容を踏まえた上で、加工メニューをまとめてみます。

 ~ロクサン加工メニュー~
 ①前面の改修
 ②屋根周りの立体化
 ③水切りの作り分け
 ④スカート周りの加工

 大きく分けるとこの程度です。文書にするとあっさりしたものですね。ただ、手を入れていない部分がまったくありませんけど(笑)

 ●加工のお話
 ①前面の改修
 IMG_20181128_113559.jpeg
 結局どうするのが手っ取り早いのか考えた結果、トミックスから移植することにしました。
 メリットとして、前面ガラスが別パーツのため塗装しやすく金属抑えも当然シャープになります。それにABS素材でしょうから加工もしやすいです。
 下部にあるステップはエッチング等で製品が出ておらず、既製品加工も考えたのですが、効率化を考えてこのようにしました。
 もちろんデメリットもあります。Bトレの車体幅に比べて若干狭いため、調整が必要となります。
 また、旧製品ですとクリームの警戒帯の部分が別パーツとなっているため、ここの隙間を埋める必要があります。
 この部分は上手くリカバリーしようと思います。

 私自身のロクサンに対する想いで殆ど埋まってしまいました(汗)
 次回はこの前面を調理して箱にしていきます。
  1. 2019/05/05(日) 00:57:37|
  2. Bトレ・国鉄/JR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

はつはな

Author:はつはな
温泉旅行と美味しいもの食べながら生きてます。Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (1)
Bトレ雑記 (2)
Bトレ・国鉄/JR (14)
Bトレ・私鉄 (8)
Bトレ・北斗星 (11)
GRAND CHARIOT活動記録 (10)
運転会 (0)
雑記 (3)
旅行記 (0)

2014/2/3設置

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR